本文のつくり方、サイズについて教えてください。

テンプレートを利用するか、下記のサイズに合わせて作成してください。

▼SAIやAzPainter、Photoshopなどの「塗り足し設定」の無いソフトをご使用の場合

サイズ 横 (mm) 縦 (mm) 解像度 (dpi)
A4本文 (カラー) 216 303 350
A4本文 (モノクロ) 600
B5本文 (カラー) 188 263 350
B5本文 (モノクロ) 600
A5本文 (カラー) 154 216 350
A5本文 (モノクロ) 600
B6本文 (カラー) 134 188 350
B6本文 (モノクロ) 600
A6本文 (カラー) 111 154 350
A6本文 (モノクロ)  600

 

▼CLIP STUDIOなどの「塗り足し設定」があるソフトをご使用の場合 

サイズ 横 (mm) 縦 (mm) 塗り足し設定 解像度 (dpi)
A4本文 (カラー) 210 297 3mm 350
A4本文 (モノクロ) 600
B5本文 (カラー)

182

257 350
B5本文 (モノクロ) 600
A5本文 (カラー) 148 210 350
A5本文 (モノクロ) 600
B6本文 (カラー) 128 182 350
B6本文 (モノクロ) 600
A6本文 (カラー)  105  148  350
A6本文 (モノクロ)  600 

iOS______11_.png

 

また以下の点にご注意ください。

■データを作る際について

  • 表紙4ページにノンブルを入れる必要はありません。本文からノンブルを開始してください。
  • ノンブルが連番で最後のページまで入っていることを確認してください。
  • 必ず奥付を入れてください。奥付の情報が不足すると進行できません。詳しくはこちら
  • ノド(本を綴じる側)にあたる部分や、仕上がりに近い位置に重要な絵や文を配置しないでください。
  • ノド側仕上がりより10~15mm 程度見えなくなる場合があります。
  • ノドの位置は下記の通りになります。
    • 右綴じの場合(奇数ページ→右側、偶数ページ→左側)
    • 左綴じの場合(奇数ページ→左側、偶数ページ→右側)

  • 仕上がりいっぱいに印刷する場合、必ず塗り足し部分まで続けて描いてください。
  • 塗り足しがない、足りない原稿がある場合、印刷会社の方で拡大することがあります。
  • 塗り足し部分が黒く塗られている、線はあるがトーンは塗り足しまで入っていないなどの場合も同様に、拡大する場合があります。

 

■PSD形式の本文原稿について

  • レイヤーを統合し、アルファチャンネルは削除してください。
  • モノクロデータの色空間はグレースケールまたはモノクロ2階調でご入稿ください。

 

■PDF形式の本文原稿について

  • 「PDF入稿可」のマークのあるプランのみ受付可能です。
  • 上下左右に塗り足しを3mmつけてください。
  • カラーモードはグレースケールに設定してください。
  • フォントはすべて埋め込み、注釈を使用しないでください。

  • 仕上がり領域の周囲に余白があり、塗り足しに続くデザインが無い場合は、塗り足しがない(用紙サイズぴったり)の原稿も入稿可能です。

ae3010fadb422886714fa3b177af99db.png

  • 1つのPDFファイルに本文原稿が全てまとまった状態書き出し、アップロードしてください。ページごとにPDFファイルが分かれている場合は受付できません。
  • 表紙原稿はPDF形式のアップロードに対応しておりません。表紙原稿はPNGやPSD形式での入稿をお願いいたします。


表紙のつくり方については こちら をご確認ください。
アップロード時のエラーについては こちら をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
60人中31人がこの記事が役に立ったと言っています